初心者おすすめSONYのミラーレス一眼カメラ『α6400』を購入レビュー

SONY α6400カメラ

ブログに載せる写真や動画を撮影するカメラが欲しくミラーレス一眼カメラをずっと調べて色々と悩んだ結果、SONYのミラーレス一眼カメラ『α6400』を購入。

本日は、SONYのミラーレス一眼カメラ『α6400』を購入したのでレビューします。

2019年8月29日のSONYの『α6100』『α6600』の発表を確認してから、新しいコンパクトカメラ『RX100M VII』の発売日に『α6400』を購入しました。

SONY α6400 ダブルズームレンズキット

SONY α6400 ダブルズームキット箱外観

α6400のダブルズームレンズキットで、レンズが2本入っているセットで販売されているものです。この他に、ボディーだけの販売やレンズが1つのパワーズームレンズキットが販売されています。

ダブルズームレンズキットを購入した理由は、パワーズームレンズキットとほとんど値段の差がなかったのでこちらを購入。

α6400の特徴としては、以下の通り。

  • 有効2420万画素APS-C Exmor CMOSセンサー
  • リアルタイム瞳AF
  • リアルタイムトラッキング
  • 4K30p、HDR、S-Log
  • 180度チルト可動式液晶モニター
  • AF/AE追随最高約11コマ/秒の高速の連写
  • 最高約8コマ/秒連写対応のサイレント撮影
  • マイク端子
  • リチャージャブルバッテリーパック NP-FW50
  • サイズ:約120.0(幅) x 66.9(高さ) x 59.7 (奥行き)mm
  • 重さ(本体のみ):約359g

α6400 ダブルズームレンズキットの内容物

α6400をダブルズームキットの内容物

基本的な内容物は以下の通りです。

  • カメラボディー
  • パワーズームレンズ(SELP1650)E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS
  • 望遠レンズ(SEL55210)E 55-210mm F4.5-6.3 OSS
  • レンズフード
  • バッテリー
  • アイカップ
  • 充電アダプター
  • MicroUSBケーブル
  • 保証書
  • 説明書類

α6400カメラボディー

パワーズむレンズが付いた状態です。上部にモードの切り替えやシャッターボタン。
背面に設定のダイヤルがあり各ボタンをカスタマイズして自分の使いやすいように変更することも可能です。

横側にマイクやMicroUSBケーブルを指す場所があり、そこの部分からバッテリーやSDカードを入れます。
画面も180度フリップして自撮りがしやすくなっています。

パワーズームレンズ

レンズキットに付属してくるパワーズームレンズ。

望遠レンズ、レンズフード

SONY α6400 ダブルズームキットの望遠レンズE 55-210mm F4.5-6.3 OSS

バッテリー、アイカップ、充電アダプター、MicroUSBケーブル

保証書と説明書類

この保証書はキャッシュバックキャンペーンでも使うので大切に保管が必要です。

SONY α6400用のアクセサリー類

SONY α6400と合わせて購入したアクセサリー類です。

SDカード、液晶保護フィルム、レンズプロテクター。
大切に使い続けていきたいので、液晶保護フィルムやレンズプロテクターは必須です。

また、SDカードに関して、α6400で4Kの動画を撮影を考えているので転送速度が早いものを購入。
この辺り調べるとわかるのですが、4Kの動画を撮影する際は、SDカードのスピードクラスが3以上のものがいいようです。

スピードクラスが足りていない場合、動画のコマ落ちなどが起こりうまく撮影できないことがあるようです。
アクセサリー類の詳細はこちらの記事をご覧ください。
SONYのα6400にあわせて購入したい6つのアクセサリー

SONY α6400で撮影してみた

ブログの写真の練習として撮影してみました。

実際に撮影してみてフォーカスを合わせるのがとても早いです。また個人的に好きな色味でもあります。
※写真は、ブログ用にリサイズ・圧縮しています。
背景ボケも出て雰囲気の良い写真に仕上がります。

また、フリップする背面液晶モニターで俯瞰撮影の際にも写りが確認が簡単にできて便利と感じます。

動画撮影の使用としては、4K30pで撮影できて30分の録画の制限がなく長時間の撮影が可能となっています。
動画で撮影もしてみましたが、オートで撮影しても十分な映像が撮影できます。

SONY α6400のいい点・イマイチな点

α6400のボディーとパワーズームレンズE PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS

触ってみて感じたα6400のいい点・イマイチな点

  • フォーカスの速さ
  • コンパクトで軽い
  • 写真・動画が綺麗
  • 持ち出しして使用するなら手ぶれ補正が欲しい
  • バッテリーの持ちが気になる
  • 給電のランプが見づらい
  • 外部マイク使用でモニターが見えない

いいと感じた点

フォーカスの速さがあります。写したいものにすぐピントがあうのはストレスがなく撮影が快適。
自分を写しながら手前に商品を出したりするようなYouTuberの方にはとてもおすすめです。

また、付属のパワーズームレンズとの組み合わせはコンパクトで持ち運びしやすいサイズ感です。
カメラにレンズを取り付けると大きくなりがちですが、パワーズームレンズとの組み合わせではコンパクトさがあります。

α6400で写真や動画を撮影してみましたが綺麗です。今までスマートフォンで写真や動画撮影をしていたこともありα6400で撮影したものは本当に綺麗に感じます。レンズとの組み合わせでもっとクオリティーの高い写真や映像が撮影できそうです。

現状写真撮影には、SIGMAの16mm F1.4のレンズをつけて撮影しています。

イマイチと感じた点

購入前に想定していた使い方ができていて非常に満足しています。
私の場合は、ブログ写真や動画の撮影をほとんどカメラを固定して行うので手ぶれ補正やバッテリー不足は大きな問題に感じていません。

手振れに関しては補正がないので、手持ちで撮影には向かないカメラです。試しに手持ちで動画撮影をしてみましたが手ブレしまくりの動画で見れたものではなかったです。α6400は固定しての動画撮影で使うならいいカメラです。

動画撮影において30分長時間撮影をされる方はバッテリーの心配があるかと思います。
私は動画撮影をする際には、数分撮影してカメラの録画を停止するということを繰り返す撮影をしているので、途中でバッテリーがなくなって撮影が途切れるということを意識することがありません、なのであまりバッテリーの心配もしていません。

気になる点としては給電のランプが見づらい点があります。角度によっては全く見えない。
大きな問題ではないのですが、ケーブルを刺してから充電されているかランプを確認がしづらいのはイマイチな感じがしました。

α6400をMicroUSBで接続し給電

あと、外部マイクをコールドシューに付けた時にフリップするスクリーンが見えなくなると言う問題があります。動画で自撮り撮影をするなら多くの方が外部マイクを取り付けているかと思います。そのマイクがフリップするスクリーンの前に来るので写りの確認がしにくくなります。

SmallRigのコールドシュープレートでモニターが見えない問題は解決することができます。

はじめてのミラーレス一眼カメラなので、特に大きな問題は感じていません。
あと持ち心地でカメラを持った感じに小指が出るっという意見もあるようです、確かに小指の部分は出ますが私には特に違和感なく持てています。

※ちなみに、α6600は手ぶれ補正機能やバッテリー不足が改善されたモデルになっています。

まとめ

色々と吟味した結果、新しい『α6100』『α6600』ではなく、『α6400』を購入しました。
ブログに載せる写真や動画の撮影をするのに十分な機能を持つα6400です。

発売されてからしばらく経っているので値段も安くなっており、
また、ちょうどキャッシュバックキャンペーンも始まったところなのでとてもいい買い物できました。

α6400を使って写真や動画撮影を進めていきます。
はじめてのミラーレス一眼カメラなので設定や操作にすぐに慣れてキレイな写真や動画表現に改善していきたい。

この記事を書いた人
Toshi

生活や創作を快適にするガジェットのレビューを掲載
主にブログや動画編集に使用するカメラやそれに関わる周辺機器、
日常で使用していて便利なガジェット類を紹介しています。

ガジェットが好きな人です。
レビューのお仕事依頼等はお問合せからお願いします。

Toshiをフォローする
カメラ
ガジェログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました